最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    男性購入者が激減した最近の業界

    マンション購入に関して、様々な会社がアピールをしています。時には邸宅物件などを、どこか業者がアピールする事はあるでしょう。当社物件が一番おすすめです等と、広告で大々的に宣伝されている事もあります。そういう業者によると、最近では物件購入に関する状況も、少し変わりつつあります。なぜなら、女子に関する状況が生じているからです。

    どういう事かと言うと、最近は男性購入者の割合が減少傾向にあります。一時期はそうではありませんでした。一家を支える男性が、結婚などに伴って、マイホームを購入する事例は多かった訳です。しかし時代は大きく変化しました。ここ最近はどちらかと言えば、女性の方々が自宅を購入するケースも多く見られます。購買者層がある程度変わっていることは、ほぼ間違いありません。

    したがって上記で述べた宣伝手段なども、最近は色々変化しつつあります。女性向け住宅広告なども、近頃は増加傾向にある訳です。

     

    住宅ローンの完済は西暦何年?資金計画の注意点

    住宅購入を考え始めると、物件さがしと並行して住宅ローンのシミュレーションhttp://www.coventrymortgageservices.co.uk/を開始します。実際にご自身がいくら借り入れができるのか、ある程度事前に把握をしておかないと、いくらまでの物件が購入できるか分からず、資金計画なども現実的に把握できないからです。

    資金計画を立てる際には、借入期間や支払い方法など総合的に判断する必要があります。例えば、西暦2016年で35歳から35年で借り入れた場合、完済は西暦2051年となり、その時は70歳です。このような借入期間の設定はあまり好ましくなく、ご自身の退職が60歳であれば25年で組むなど、収入が想定される年齢までで借入期間を設定することが望ましいと言われています。

    また、支払い方法も元金均等と元利均等の2種類があり、元金均等は支払い当初の支払い額は高いですが、徐々に支払額が減り、総支払額も元利均等に比べ少なくなります。一方、元利均等は元金均等に比べ総支払額は増えますが、毎月の支払いが一定になり、いろいろと計画が立てやすくなります。

    そして、何より重要なのが住宅ローンの審査前には不要な借入を返済しておく必要があります。ボートレースや競馬などによるカードキャッシングやカードローンはもってのほかです。その他借入がある場合、特に借入金利が高いものがある場合は、融資可能額を圧迫し、審査が通らないことがあります。住宅ローンを組むことを検討されるときは、まずそのようなマイナス要素を洗い出してからトータルで資金計画を作りましょう。

     

    新築や中古だけじゃない、住宅ローン減税について

    住宅ローン減税はローンの残高によって納税する金額が少なくなるお得な制度です。
    これは家を新築した時だけではなく増改築した時にも適用できることがあります。
    これを増改築等借入金等 特別控除 といいます。

    控除可能な額は居住年数によって変わりますが、ローンの年末時点の残高の0.4%から1%です。
    サラリーマンでも確定申告が必要になります。

    増改築等借入金等特別控除は、自分が所有している自宅を増改築した場合に適用されます。
    というと、一戸建ての住宅のみに適用される印象を受けますが、マンションでも
    床や壁の過半に行う工事であれば適用可能な場合があります。

    ところで、省エネの改修工事をした場合やバリアフリーのための改修工事をした場合に
    減税となる制度があります。これを特定増改築等住宅借入金等特別控除といいます。

    増改築等借入金等特別控除と特定増改築等住宅借入金等特別控除の、両方の要件を
    満たしている場合には、 これらのうちいずれかを選択適用することになります。

    いずれも、専門性の高い領域になりますので、書籍を参考にされる場合は、
    財テクや税金に関するものの中でも、住宅ローンに特化したものがいいでしょう。

     

    親族との話し合いが大切な住宅購入

    住宅会社では、それぞれ物件をアピールしています。タイミングに応じて、当社物件はおすすめです等と宣伝されている事はあるでしょう。街で見かける実店舗などでは、看板もよく設置されています。住宅購入時には、親族が重要ポイントになってきます。少なくとも意見の一致などは、やはり確認するべきでしょう。

    住宅購入は、家族の様々なメンバーが関わってきます。それで例えばAさんという方にとって、住宅はとても良いと思ったとします。しかしBさんの場合は、あまり良くないと思うケースもある訳です。それで契約締結前には、AさんとBさんはよく話し合う必要があります。Aさんが独断で判断してしまえば、後でBさんと喧嘩になってしまう可能性があります。

    それはさすがに困るでしょう。それを防ぐ為には、やはり入念な話し合いが求められる訳です。何も親族だけではありません。時には友人が関わってくる事もありますが、その際にも話し合いが推奨されます。